1. 医療法人永井病院
  2. 栄養室だより

3.11

東日本大震災から今年で11年となりました。

コロナ禍で大きなイベントはできませんが、津市内の小学校でも非常食や水の配布が行われるなど、防災への意識づけがなされています。

当院でも、非常食の管理は栄養管理室で行っています。

食料や水、調理機器などを備蓄し、病院全体での訓練などにも活用し、調理方法や味、栄養価など職員の方とも情報共有できるよう進めています◎

2022.03.11 12:53|日記

ひなまつり献立☆2022

3月3日はひなまつりでしたね。

当院でもひなまつりにちなんだメニューを提供しました☆

メニューはこちら↓

・桃の花ちらし寿司

・牛肉しぐれ煮

・酢味噌(ぬた)

・そうめんすまし汁

・ひなまつりケーキ

桃の花をイメージしたでんぶは毎年手作りです。でんぶは、なかなか手づくりする機会は少なく、お店でトッピング用に売られていますが、当院では砂糖の使用量が食種によって異なるため、鯛の身から手作りすることが恒例となっています。

鯛の切り身を蒸してきれいにほぐし、骨がないことを確認してから、鍋で炒って、薄口しょうゆとだし汁を加えて、水分をしっかり飛ばします。この時、水分が残った状態で砂糖を加えると、仕上がりがべたっとなるので注意が必要です。

市販品と比べると、味も色もやさしい仕上がりで、当院オリジナルの雛ちらしとなっています。
ちらし寿司は冷菜として提供することが多いですが、今回は、温菜メニューとして提供しました◎

また今回、去年と変わったところはひなまつりケーキのいちごをハート型にしてみたことです。

例年はいちごを半分に切ったものを2つ並べて立てて、雛人形に見立てていたのですが、長い間同じスタイルだったので今年は少しアレンジしてみました。

少し変えるだけで雰囲気がずいぶん可愛い感じになりました♪

皆さんはどちらの方が好みでしょうか?

今回のいちごは大きくて丸い形のものが多く、ハート型にしやすいものを届けていただきました◎

切込みを入れるだけで簡単にハート型になるのでみなさんも試してみてくださいね。

2022.03.04 17:31|日記

2月おもてなし献立 2022

2月22日はおもてなし献立を提供しました。

メニューはこちら↓

・かぶの葉入り麦ごはん

・温しゃぶ

・鯛のかぶら蒸し

・伊勢うどん

・手作りいちご大福

まだ寒さが続くこの時期は、かぶら蒸しや鍋料理をイメージしたあたたかみのあるメニューとなっています。

かぶら蒸しとは、すりおろしたかぶに卵白を混ぜ合わせ、魚の上にかけて蒸しあげる料理で、当院では鯛やエビなどの魚介類を使用しました。

なばなや花形人参を添えて、寒い雪の中から春を待ちわびる様子をイメージしています。

伊勢うどんは高塩分になりがちですが、麺の量を少なく、たれも少量でしっかり味が絡むようにして、塩分を抑えられるように工夫しています。

そして今年も恒例のいちご大福を手作りで提供しました。

白あんは手亡豆(てぼうまめ)から手作りで作っています。

手亡豆とは皮が白く、長さが1cmほどの小粒のインゲン豆で他の白色のインゲン豆と一緒に白インゲンと呼ばれています。

手亡豆で作った白あんはとてもなめらかで、新鮮ないちごを白あんで包み、さらに上から求肥で包み、手作りいちご大福の完成です☆

今回のおもてなし献立も限られた人員で、事前準備から当日調理、盛り付けまで大変ではありましたが、無事に終了することが出来ました。

3月に入り、梅や桃などの花が少しずつ咲きはじめ、いよいよ春の到来ですね☆

あたたかく過ごしやすい季節、皆さんも楽しんでくださいね◎

2022.03.01 09:00|日記

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 看護師採用サイト
  • 永井病院ブログ
  • 栄養室だより
  • 臨床研究・NCD事業へのご協力のお願い