1. 医療法人永井病院
  2. 栄養室だより

インターンシップ

以前、この栄養室だよりで紹介した、インターンシップ(就労体験)。

昨年末、栄養管理室でも初めて2名のインターンシップの受け入れを行いました。

インターンシップとは、

”学生が自己の適性を把握する、あるいは仕事の内容を理解するために、在学中に一定期間に企業内で就労体験を行うこと”

とあり、企業や会社では、一般的になっているようですが、病院などではまだまだその制度は少ないようで、私たちも新たな取り組みとしてカリキュラムを作っての対応となりました。

通常実習では2週間かけて行う内容を1日で済ますため、駆け足での説明となりましたが、病棟や透析室などの院内ツアーで病院の概要説明をしたり、厨房では衛生管理や、病院食づくり、嚥下食など一連の業務の説明をきいてもらいました。初めてであったため私たちもバタバタしましたが、二人ともいろいろ質問してくれたりと興味をもって取り組んでもらえて、うれしかったです。

また、私たちの知らない☆今どきの学生情報☆

も教えてくれたりと栄養管理室にとっても貴重な体験となりました。

IMG_3616

特に気になったのは最近の就職状況の話題です。

学生さんによると、今の時代インターンシップや求人については、やはりインターネットを利用して情報収取をすることが多く、そこには会社や企業の情報がほとんどで、病院や施設はあまりないとのことで、学生さんとしても病院などの求人状況を知る手段が少ないとのことでした。

私たちが就職した20年近く前とは就職活動の方法も変わり、学生が希望する栄養士・管理栄養士の就職先にも変化がみられるようになってきたように感じています。当時は人気の就職先として狭き門であった”直営病院栄養士”ですが、近年では希望する学生も減り私たちとしては、少し寂しく感じています。

その中で、病院栄養士として働きたい方、特に永井病院の栄養管理室で働きたいと思ってくれる方に巡り合えることが今年の課題の一つになっています。そのために、今後もインターンシップを通して、学生さんから新たな情報をもらい、私たちもいろいろな方面から情報発信できるよう考えていきたいと思っています。

 

2019.01.16 12:07|日記

冬の風物詩

この時期、大根農家さんでは切干大根作りの最盛期を迎えます。

DSC_1072
大根を細くついて、水にさらしたあとしっかり脱水、そして天日で乾燥させるという工程で出来上がる切干大根は、空気が乾燥し、雨の少ないこの時期しかできないそうで、春が近づき黄砂が吹くころには終了するため、冬の風物詩となっています。
20kgほどの大根から、わずか3kgしかできないため大量生産はできませんが、少しでも病院食で使用できれば…と思っています。

DSCPDC_0002_BURST20190111161342817_COVER DSC_1073

 

2019.01.16 12:06|日記

もずくの酢の物

病院食で、おなじみの小鉢料理
”もずくの酢の物”
地元の魚屋さんから仕入れています。

組み合わせる食材はきゅうりがメインで、みかんやチェリー缶をトッピングに使用しています。

ところが、去年末からきゅうりの価格が高騰し、使用量をなるべく控えられるよう、メニューを変更しながら対応。
そこで、もずくの酢の物にも新メニューが生まれました。
きゅうりの代わりに今が旬の大根を使い、白と黒の配色が新鮮な仕上がりとなりました。また、大根なますのようなさっぱりとした味で、新たな冬メニューとなりました◎

皆さんも市販のもずくにいろいろな食材を組み合わせてアレンジを楽しんでください☆

IMG_3643

 

2019.01.10 11:20|日記

1 / 13112345...102030...最後 »

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 看護師採用サイト
  • 永井病院ブログ
  • 栄養室だより