1. 医療法人永井病院
  2. 栄養室だより

十五夜

9月21日は十五夜でしたね。

十五夜は別名、中秋の名月とも呼ばれ、旧暦の8月15日に行うお月見のことをさすそうです。

昔の人は月の満ち欠けを頼りに農作業を営んでおり、たくさんの作物が収穫できる秋に、お月様に感謝するためにお供え物をしたといわれています。

お供え物はお団子のほかにも、野菜や果物、特に芋類をお供えすることが多いそうです。

当日はあいにくのお天気でしたが、当院では、十五夜献立として里芋田楽と白玉あずきを提供しました。

 

 

9月も下旬に入り、涼しく過ごしやすい夜が増えてきましたね。

栄養管理室では月末のおもてなし献立で松茸ごはんを提供する予定です。

食欲の秋、皆さんも旬の食材で秋の味覚を楽しんでくださいね♪

 

2021.09.24 13:08|日記

ミールタイム弁当試食会

先日、ミールタイムのカタログに当院でメニュー開発したお弁当が掲載されたことを、この栄養室だよりで紹介しました。

その報告を受けて、

「そのお弁当を、ぜひ職員さんにも食べてもらってはどうか?」

という提案をいただき、栄養管理室では、実行に向けて計画を進めてきました。

ズッキーニなど夏の食材を使った内容であり、できるだけ早いタイミングで計画し、患者さんの献立にもうまく組み込みながら、先週9月17日の職員食に提供しました。

短い準備期間でしたが、他部署の方にも色々アドバイスをいただきながら、お弁当の内容や栄養価などの紹介を行い、職員の方に治療食弁当を知ってもらう良い機会にすることができたと思っています◎

当日は、77人分の注文があり、お弁当箱に詰めて提供しました。

メニュー名は

【ナスとレーズンのドライカレーセット】 タンパク質調整・塩分制限食

患者食の調理配膳と並行して進めたため、作業時間や場所など事前に打ち合わせもしましたが、やはり慣れない作業の中、緊張感とあわただしさに包まれました(汗)

小さいカップへの盛り付け、お弁当箱にきれいに盛り合わせること、最終的に料理やトッピングの漏れがないか確認して完成させること…各自がうまく役割分担しながら、提供時間に遅れることなく無事終了することができて一安心でした☆

コロナ禍の今、職員向けの慰労会などがで中止となっており、栄養管理室にとって久しぶりのイベントとなり、密かに”チーム☆栄養管理室”を感じた私たちです◎

普段と違うお弁当形式での提供に、職員さんからもいろいろなコメントをいただきました。

小さなイベントでしたが、治療食弁当を知ってもらう良い機会になり、また職員さんとの交流にもつなげることができたのではないかと、うれしく思います◎

治療食としての患者さんの食事作りとはまた違い、職員さんには楽しみやちょっとしたサプライズで、笑顔や会話のきっかけにつなげられたらいいなあと、改めて感じました☆

2021.09.21 15:21|日記

厨房引っ越し後6年目を迎えて…

現在の厨房に引っ越しして、5年以上が経ちました。

作業に合わせて部屋を仕切り、人や物の動線も考え効率化を図り、各メーカーさんと何度も話し合いをして、完成したとても衛生的な厨房だと思っています。

最初こそ、新しい機器や厨房の大きさなどに戸惑いもありましたが、すぐに慣れて、それぞれの持ち場で、どんどん新たな方法で進めることができ、仕事の流れを作ることが出来ています◎

今まで大きなトラブルなく、順調に進めてきましたが、ここ数ヶ月の間で機器のトラブルが相次ぎました。

温冷配膳車、スチームコンベクションオーブン、水道の蛇口、エアコンなどなど…

こんなに色々続くものかと思いましたが、スタッフ皆機器の小さな変化にも敏感に気づいて、報告してくれるので大きなトラブルや事故を未然に防ぐことができでいます。

当院の施設管理の方には色々初期対応や、各メーカーさんへの手配なども協力いただき、本当に助かりました。コロナ禍で県外からの来院には新たなルールも作られましたが、各メーカーさんも快く引き受けて下さり、予定通り進めることが出来ています。

今まで、当たり前のように毎日使用してきた機器であり、少しの不具合いが大きな痛手となりましたが、作業や配膳方法を変更しながら、衛生管理にも十分注意して食事提供を行うことができ、ほっとしています。

日々の作業や清掃の際に、機器類の日常点検や基本的なメンテナンスを行い、細かな異常にも早めに気づける様心掛けたいと考えています◎

2021.09.14 17:11|日記

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 看護師採用サイト
  • 永井病院ブログ
  • 栄養室だより
  • 臨床研究・NCD事業へのご協力のお願い