1. 医療法人永井病院
  2. 永井病院ブログ

謹賀新年!2018

年明けましておめでとうございます。皆様方には、健やかに新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。職員一同、皆様に最良の医療を安心して受けていただけるよう努力ていきますので、本年もよろしくお願い申し上げます。

2018.01.06_1

下の写真について、1/4(木)永井病院では、毎年恒例の“年始会”を行いました。年始会には今年も医師、看護師、コメディカルスタッフ、事務員などたくさんの職員が参加しました。病院ブログについて、昨年たくさんの方々にご愛読いただきありがとうございました。今年も永井病院の出来事や患者さんのお役にたつ内容をどんどん紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

2018.01.06_2

 

最後に、病院ブログとは別に当院、栄養室のブログ記事『栄養室だより』からもたくさんの出来事や食事についての記事をを紹介していますので、是非ご覧ください。 ⇒記事はコチラ

2018.01.09 13:44|ブログ

餅つき2017

永井病院ブログをご愛読いただきありがとうございます。2017年も残すところ僅かとなりました。連日、寒い日が続いております。さて、永井病院では12月27日、毎年恒例の餅つきを行いました。今年も医師、看護師、コメディカルスタッフ、事務員などたくさんのスタッフが参加しました。餅つきの様子は以下 ↓ ↓ 

mochi01

手順としては、腕に自慢のあるスタッフがもち米をキネでつぶして、もち米が十分小さくなったところで餅をつくといった感じです。できたお餅は、当院自慢の栄養管理士が“きなこ餅”、“あんこ餅”、“おろし餅”の3種類に料理してくれました。できあがった、お餅をいただきましたがとてもおいしかったです。

mochi02

お餅をいただき来年も頑張ろうと思いました。病院ブログについて、来年も永井病院の出来事や行事をどんどん紹介していきますのでよろしくお願いいたします。まだまだ寒い日が続きますが、お体にくれぐれもご留意下さい。

2017.12.27 14:14|ブログ

フットケアハンズオン

29年11月24日(金)25日(土)にCPAC2017がロワジーホテル豊橋で開催されました。その会場で開催された「フットケア*¹ハンズオン」に、当院の透析看護師2名が参加してきました。(*1フットケアとは“足の手入れ”という意味です。)なぜフットケアが必要なのでしょうか・・・?

それは、糖尿病の3大合併症である神経障害が原因で足に傷があっても気付かない、あるいは壊死に至ってしまう可能性もあります。そのため透析患者様に対しても定期的ににフットケアを行う必要があります。

今までは参考書などを参考にしてマニュアル作成を行い透析患者様に対しフットケアを行っていましたが、今回の研修では講義だけではなく参加者がペアとなり演習を行い、講師の認定看護師さんに足の観察から爪のケアまで指導していただき、またフットケアは足だけを観察するだけではなく患者様の姿勢や歩き方、靴底の擦り減り具合など観察しなければいけない事など看護師がどのように関わっていくべきか学ぶ事ができました。

今回の研修で学んだことを現場で活かしていきたいと思います。足を他人に見せることは抵抗があると思いますが、小さい傷が原因で切断にまで至る可能性があるので、気になる方は下記「あなたの足の変化とリスク」を確認して下さい。

ope_bu002

2017.12.20 10:40|ブログ

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 看護師採用サイト
           
  • 栄養室だより