1. 医療法人永井病院
  2. 永井病院ブログ
  3. 研修

2018年度 津まつり

10/7(日)心配された台風の影響もなく、晴天の中”津まつり”が開催されました。今年も”健康サポート隊”のブースを出店し、血圧測定405人、握力測定889人、味覚チェック958人の方々に参加して頂き、過去最高の来場者数となりました。

栄養室だよりでも詳しく紹介していますので、是非コチラもご覧下さい!来年もよろしくお願いします!

2018.10.17 16:43|ブログ

日本心血管インターベンション治療学会学術集会2018に参加しました。

2018年8月2日~8月4日に開催された、日本心血管インターベンション治療学会(Japanese Association of Cardiovascular Intervention and Therapeutics:CVIT) に参加しました。

今年で27回を数えるCVIT2018学術集会は、神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテルの3会場で開催されました。当院からは循環器内科医師1名、臨床工学技士2名、放射線科技師2名が参加しました。

私たちは、今回の学術集会で演題発表を行うことができず他施設の発表を聴講するのみとなりましたが、他施設の業務内容の工夫などを聞き、当院に導入することが可能な内容をコメディカルに伝達し、これからの日常業務に活かし医療の質の向上につなげていきたいと考えています。

来年のCVIT2019は名古屋で開催される予定で、次回は当院からも多くの演題発表を行いたいと思います。

2018.09.07 11:30|ブログ,研修

第3回 東海補助循環の会 参加報告

愛知県名古屋市のウインクあいちで開催された「第3回東海補助循環の会」に、当院の臨床工学技士3名が参加しました。今回で3回目の開催となる東海補助循環の会は、東海圏内の各病院から看護師・臨床工学技士合わせて約120名の参加がありました。

会場では、心臓と肺の機能の代わりを担う装置である補助循環装置(心臓の機能が弱っている人に対して、心臓の機能を補助する治療を行う装置のこと)を扱う上で非常に重要な講義から最新の補助循環の動向、各施設での補助循環の安全管理など多岐にわたる内容の講義があり、それぞれの講義の後には活発な議論が交わされ非常に勉強になりました。

最新の補助循環の動向は、「重症呼吸不全戦記」と称して、前橋赤十字病院の高度救命センターより、小倉崇以先生にお越しいただき、貴重な症例を紹介していただきました。非常に難しい内容の症例であり、日本の重症呼吸不全に対する最前線を知ることができました。

当院では、今回参加できなかったスタッフに伝達講習を行い、より安全な補助循環と最前線の治療を行えるように研鑽を積み、地域の医療に貢献したいと思います。

2018.09.07 11:28|ブログ,研修

1 / 32123...最後 »

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 看護師採用サイト
           
  • 栄養室だより