1. 医療法人永井病院
  2. 永井病院について
  3. 永井病院の目指す方向

永井病院の目指す方向

『一つだけの命』その尊さの重みを真摯にうけとめ、地域医療に奉仕する。

院長 星野康三

昭和22年の創立以来、永井病院が掲げてきた理念です。

この理念のもと、津市の二次救急病院として70年の歴史を積み重ねてくることができました。

これもひとえに当院の理念や活動に御理解をいただき、御支援・御協力をいただきました地域の皆様のおかげであります。心より感謝申し上げます。

当院は循環器疾患・消化器疾患・整形外科疾患の3つの分野を中心に、三重大学関連診療科の支援のもと、津市の救急医療において中心的役割を担っております。
平成26年からは新たに人工透析室を開設し、より一層充実した診療を提供できるようになりました。

今後もこの3本柱+1を中心に、より安全でより高度な医療を提供できるよう診療体制の強化に努めていきたいと思っております。

 

また急性期診療後のリハビリ診療にも力をいれております。

回復期リハビリは、急性期治療後のリハビリ診療を行うものであり、退院後の患者さんの生活レベル向上に大きく関わってきます。
当院では、整形外科疾患を中心とする運動器リハビリ、脳血管疾患を中心とする脳リハビリ、循環器疾患を中心とする心臓リハビリ、消化器疾患を中心とするがんリハビリと、それぞれの分野における専門リハビリチームを構成し、急性期治療後に安心してリハビリに専念できる診療サポートを提供しております。

 

これらの充実した診療を提供するには、まず職員一人一人が日々努力し、誇りをもって責任を果たせるよう自分を成長させていく必要があります。

 

“地域のために最善の医療への挑戦”を合言葉に、より良い医療を目指して、職員一人ひとりの成長を促し、皆様方のご期待にそえるよう努力していく。

そして、これから迎える日本の新しい時代にむけて、これまで永井病院が築き上げてきた伝統を受け継ぎながら、将来の永井病院、将来の医療の在り方を想像しながら、新たな未来を切り開いていく。

それができる病院となれるよう、職員一同、力を合わせて日々前進する。

それが私たち永井病院の目指す道であります。